Je m'aime*.

0期待値

November 8, 2017 | MIND

 

 

Bonjour!

 

 

期待。

“よい結果や状態を予期して,その実現を待ち望むこと。”

 

その期待を相手に向けると、減点法でしか評価出来なく気がする。

だからわたしは誰かと接する時は期待値を0にしてから接する。

何も期待しない。何も望まない状態。

 

結果、この方法が自分が一番傷つかないって、気が付いた。

傷付きたくない。悲しい、寂しい、辛い思いをするのはイヤ。

なんだかんだで自分が一番大切だから。

 

 

 

0期待値の状態で接すると何が良いか。

0からスタートするから、加点法で相手を評価できる。

相手の良い部分に目を向けやすい。

 

“良い人かも” “優しいかも” ”気が効くかも” そんな期待値を上げて接していたら、少し ”良い人じゃない部分” ”優しくない部分” ”気が効かない部分” が見えてしまっただけでマイナス評価。

 

そんな関係つまらないし、楽しくない。

 

 

 

”良い人だと思ったのに” ”優しいと思ったのに” ”気が効くと思ったのに”。

こんな言葉、自分の中のただの妄想でしかないのに、なぜか相手へと矛先が向かう。

そんな期待を抱いてしまった自分のせいなのにね。

 

だから私は0期待値の状態が一番好き。

 

 

 

 

加点法なら少しの部分のマイナスが出てきても、それを補えるだけの良い部分を知っていればいいだけのこと。

そんな減点法で相手を評価していたら、自分の評価まで下がる気がしてならない。

だってきっと、普通の人はそうだから。

 

 

 

 

 

 

実際、減点法で接している人に良い人はいない気がする。

というか、それをやっているってだけで私の中で相手の評価がダダ下がる。

「あぁ、この人普通の小さいつまんない人だ。」って。

それだけで、その人への興味は無くなるし、つまらない人だと勝手にラベリングしてしまう。

そんな事をする自分もどうかと思うけど、極力つまらない人とは関わりたくないんだもん。

だってそんなつまんない時間を過ごせるほど、お人好しじゃないから。

 

 

 

だから私はそう思われないようにというか、自分の関わっている人の良いところをたくさん知っておきたい。

そして、それを他の人に自慢したいのが事実。

 

「私の周りにはこんなに良い子がいてね…。」

「私の友達にこんな子がいてね…。最高でしょ?!」って言いたい。

だから絶対に加点法で接するようにしてる。

まぁただこれで自分を守ってるだけだったりすんだけど。

 

“周りにいる人間は、自分の鏡” だっけ?

そんな言葉を聞いた事があるんだけど、だったら自分の周りの人間関係を見れば、今の自分がどうなのか判るわけで。

 

だったら「より良い人を周りに置けるようにはどうしたらいいか?」って考えたら、やっぱり自分自身の問題なわけ。

だったら普通の人よりも上の考え方、接し方をしなきゃいけないってなるのは必然的に出てくる答えであって。

 

結局自分がどうするかなんだよね。うん。

ちなみにこれ、うちの家族内での合言葉だったりする。笑

 

 

 

 

 

素敵な夜を。
Bonne soirée.

 

 

 

= PR =

 

エルセーヌ

 

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

東京の人気ホテル・旅館が最大50%OFF

Always don’t forget to feel awesome 👻💜
Au revoir🙌 @saki.ctm_ogawa
♡ お友達登録はこちらから ♡
(ここからできない方は「@jue3397f」で検索)
★〜 ぜひお友達登録してね 〜★
友だち追加
◼︎ - Je m'aime Facebook Page - ◼︎
ポジティブワードを配信中!
instagram-logo-003     _318-40459     _318-49940     images     ブログランキング・にほんブログ村へ
Merci de votre visite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE登録

    友だち追加

  • Archives