Je m'aime*.

炎陽下の夏雲と理想

February 15, 2018 | REUNION

 

 

 

Bonjour!

 

 

先日、天気がすこぶる良いからどこかに出掛けないとすんごく勿体ない気がして車を走らせた。

 

 

 

 

 

 

 

 

着いた先は海。

32℃と言う炎天下の中で、若干凉味のある風を感じながら海辺を歩くのはとっても気持ちがいい。

 

上を見上げると私よりも遥か昔からここの風景を見てきたのであろうヤシの木が、背比べをしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浜辺に降り、パレオを広げる場所を探す。

ここのビーチはあまり日陰が無いようだ。

 

場所を決め、パレオを広げ、パレオの端には周りに転がっているサンゴを重しとして乗せる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パレオに腰を下ろして、着てきた洋服を脱ぐ。

持ってきた日焼け止めをお互い全身に塗り、流石に暑さに耐えれなくなってきたので海へ足を向ける。

少しだけ足先で水温を確かめる。

“ こんなに暑いのに、意外と水冷たい!”

二人して声に出てたみたい。

 

 

 

足先から徐々に水に浸かっていく。

太ももぐらいまで水に浸かって、その先を水に浸けるのは少しだけ勇気がいる。

「…!」

一気に水の中へ。

炎天下に晒されていた体からじんわりと熱が抜けていくのが心地いい。

 

「シュノーケリング持って来れば良かった…。」とセド。

 

私は波の揺れに身を任せたまま、顔を空に向けてぷかぷか浮くのが好きだ。

そうするとなんだか全てが良い方向に向くような気がしてならない。

 

そのまま海の中で色んなことを話す。

今のこと。

過去のこと。

これからのこと。

周りを気にせず、何も気にせず、波の揺れに身を任せて、会話をするこの時間は堪らなく愛おしい。

 

そんな心地いい時間は、あっという間に過ぎるもので、気が付くとランチタイムになっていた。

「上がろっか。」

と言って二人でバスタオルに身を包み、ランチの場所を話し合いながら海をあとにするこの空間は最高に幸せだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

海に行く少し前の日。

心友と「理想の将来の働き方」について話した。

 

前の会社を辞めるときに考えた理想の働き方、暮らし方…。

まだまだだけど、少しずつだけど。理想に近づいてる。

 

みんなもあるかな?「理想の将来」。

そんな真面目な話さえも楽しく、前向きにイマジネーション出来るもんだから、この生活は辞められない。

 

 

それでは、素敵な夜を。
Bonne soirée.

 

 

 

= PR =

 

 

* エルセーヌの大幅減量ダイエット *



 

* エステ体験「モデル美脚コース」エルセーヌ *
モデル達の脚を作ったコースです。多彩な手技で集中ケア!



 

* バストに悩むすべての女性へ送るベルタプエラリア *


 

Always don’t forget to feel awesome 👻💜
Au revoir🙌 @saki.ctm_ogawa
♡ お友達登録はこちらから ♡
(ここからできない方は「@jue3397f」で検索)
★〜 ぜひお友達登録してね 〜★
友だち追加
◼︎ - Je m'aime Facebook Page - ◼︎
ポジティブワードを配信中!
instagram-logo-003     _318-40459     _318-49940     images     ブログランキング・にほんブログ村へ
Merci de votre visite

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • LINE登録

    友だち追加

  • Archives